服用量と成分量で選ぶ

女性

様々な栄養成分を加工することが出来るようになり、美容成分を配合したサプリメントや身体機能を高めるサプリメントなども多く登場してきました。中でもお年寄りの心強い助けになるグルコサミンサプリは販売当時から話題になり、今でもなお人気のあるサプリメントの一種です。そのため商品数も沢山あり、選び方が重要なポイントになってきます。まずグルコサミンのサプリメントは錠剤タイプが多い傾向があります。その理由として一日分の摂取目安が多いという特長があるからです。グルコサミンの推奨摂取量は1日当たり1500mgとされています。この量をドリンクやゼリー状で服用するのは厳しく、また軟骨成分ということ事もあり加工が難しいという理由もあります。そのためほとんどが錠剤として出来る限り凝縮し、飲みやすい用に作られています。しかし1500mgを一個の錠剤にするとなると飲み込めない大きさになるため、大抵数粒服用することになります。単純計算で一粒当たりのグルコサミン配合量が少なければ服用しなければならない粒数は多くなり、利用者としては負担になるでしょう。

アサヒのグルコサミンサプリメントは6粒で1200mgのグルコサミンを摂取することが出来る特長を持っています。6粒という量を多く見るのか少ないと見るのかは人それぞれですが、各メーカー製品に比べると少ない部類に入ります。1日の摂取量の1500mgには届きませんが、グルコサミンは摂取を続けることで補充しなくても蓄積され、ある程度余裕ができて来ます。そのため1200mgでもそれほど問題はありません。アサヒのグルコサミンサプリは6粒の服用で良いため続けやすい特徴があり、1500mgでも沢山粒数があるサプリメントよりも確かな効果と持続性を期待することが出来ます。また多少成分量を少なくすることで一日当たりの料金も下げることが出来、1ヶ月当たり約3000円程度で利用することができます。また定期購入をすると割引で更に安く利用することが出来るため、アサヒのグルコサミンはコストパフォマンスが高いと言われています。